「YouTubeがきっかけで演歌ファンに」アラサー女子が、生コンサートに行ったら感動して朝まで眠れなかった話。

いや~実は、観る前は、他の舞台観劇の経験から、テレビで見ている感じの❗ままの全体像が見える感じだと、思ってたんですね、


「でも、全っ然違うの!!!!!!」



目の前に毎週、テレビの洋子の演歌一直線(テレビ東京)の番組で見ている、洋子さんが真ん前にいらして、



「いつも見ている洋子さんがそこにいる ❗ ❗ 動いてる ❗ ❗ 」



と当たり前のことに?大興奮❗

だって、テレビで見るよりも綺麗!✨というか、オーラが半端ない!。
それに、ピンクのキラキラネイルがきれいなことや、微妙な表情まで見えるんだもん!💕


芸能人オーラというか、それも大物芸能人という感じのオーラがすごくて、舞台照明も相まって、ますます、まばゆいくらいに輝いてた。
  
まずオープニングは、細川たかしさんの先日の紅白でも歌われた「北酒場」から、洋子さんも隣りで登場されてスタート!。
紅白で、観てたから「あー!この曲知ってる!!」思って、めちゃめちゃ楽しく始まり、

次からは「洋子コーナー💗」

・夜桜ブルース

- MC -

・捨てられて

・蜩

・たてがみ  の第一部(間違ってたらごめんなさい)


もう歌声も、ハイレゾでダウンロード購入や、CDやテレビで聴くのとは、全然違うの!!(いいBluetoothイヤホンにして、
現在、最新のiPhone13に変えて、なんていい音質だと思いこんでだけど(ピエン😢)




んなもんじゃ全然ないわけ!!!




しかも巨大なスピーカーのすぐ近くで聴いてたから、歌声と、共鳴と、伴奏が "身体中に響いてくるわけ”!!!

もう耳心地が良すぎて、こんなに聞き心地がいいのは、人生で初めてで、想定外にすばらしい歌声で、
「え!え!噓でしょ?こんなにすばらしいの?!」客席であわてたw!。


そしてところどころ民謡で鍛えた、真っ直ぐの、強い、びっくりするくらいの声量のある声が聴こえて、もうすごくかっこいいの!。
もうほんとにあのスキルはすごいと思う❗


そして気づいたら、思いっきり縦揺れで思いっきりノッてた!w。

少し前、ボーカルのコーチに、
「(歌う時に)歌いすぎないで、大きなスピーカーの横にいて、身体中に振動を感じる時みたいな感覚で、リズムを感じてごらん!」

と言われたけど、まさにその感覚を思い出した!!素晴らしい生でこその“体感”だった。

そして、それまであまり得意でなかった曲も、


「え、この曲いいじゃん!え、好きかも❗❗」


ってなってきて、どの曲も好きになっちゃった!😲😊


舞台全体の背景から、舞台の床までに渡るプロジェクターマッピングもすごい迫力があって、臨場感があって楽しいし、

それから

代表曲 ・じょんがら女節


     -朗読の語りからの-
    ・花の24年組~あの頃も今(2021年発売)

    ・雪解け(2021年発売カップリング曲)

新曲  ・下町銀座

でした。特にじょんがら女節はもちろんですが、印象に残ったのは、雪解けかも。

この曲、母娘の確執と現代社会問題である認知症も取り上げている曲で、
シングル、花の24年組~のカップリング曲(いわゆるB面)なのですが、
私に宝塚を教えてくれた大伯母が晩年、認知症だったことから、買わずにはいられず、私が初めて買った、長山洋子さんの曲です…。
でも部屋で一人で音源だけで聴くのは、つらく、そう何回も聞けていませんでした。


でも生で聴いて、最初「認知症の曲だ」と知って、聴いたので、ものすごく辛かったのですが、


洋子さんの曲前のMCで、

「母娘の確執を描いた曲です。」

と紹介されてから、聴いたのと洋子さんの歌い方もレコーディングの時の、静かにという感じよりも、コンサートということもあって、
明らかに、勢いがあり、

冒頭の、


「あんたは誰に似たのかね、母に冷たく言われると」


等身大の女性の気持ちが伝わってきて、共感もするし、一気に歌の世界に引き込まれました。


最後の「母さん、私はあなたの娘だよ」のセリフのところも、シングルの時とは、また違う感じが聴けて、
今日はそういう風に歌われるんだ、と思い、とても好きな感じでした。


もうじょんがら女節も他の曲も、コンサートならではか、こちらの期待を感じて、いつもより勢いがすごかったり💥
最後のロングトーン(長~く伸ばすところ)も今まで動画見あさって聴いた中でも、過去最高にビブラートを掛けたり、
色んなバージョンのビブラートを聴かせて下さったり、唸ったりで、客席を惚れさせてくださいました❗
神技✨だった。


じょんがら女節ももう死ぬほど聴いてるけれどw、
んもうほんとに生はすごかった…!


洋子さん名物三味線の立ち弾きで、洋子さん三味線って、箱部分?の上の方に、「長山洋子」って彫られてて、
それ今日見えるかな?って見たら

「あーーーっ!あった!!💕😊」てなって、ドキドキするぐらいうれしかったです💖


三味線もYouTubeにあるものより、一段と難しいバージョンになってた気がします😮❗❗
洋子さんも必死な表情で弾かれてて、


「洋子さんもこんな必死な表情されることあるんだ…!」


と、いつも完璧な歌唱力とそして絶世の美しさ✨で、なんか同じ人間という種ではない気がしてくるんですがwww


そんな一心不乱に三味線を弾かれる洋子さんの姿を見て、人間らしさも感じ、ますます好きになり、応援したくなりました❗


そして印象的だったのは、
曲が続く時に、曲と曲の合間に上を向いて「ふぅー」と深く息を吐かれるところでした。


そして次の曲の主人公だったり、ちょっと客観的な立場だったり、に切り替えて、一曲通して、その役を演じるように一貫して、
演じるように、一曲一曲役”の心情が痛いほど伝わってきて、まさに「歌は3分間のドラマ」、短い時間で凝縮された物語を堪能させて
頂きました。


洋子さんはアイドルから年齢を重ねた頃、女優としての活動が多くなってきた時期があり、演歌転身前、京都の東映撮影所に三年間通い
、女優としてお芝居の研鑽を積んだという記事を読んだことがあります。


演歌歌手として見れば、一見遠回りな気しますが、その経験がとても生きているように感じました。


ほんとにすばらしいコンサートで、最後、細川たかしさんのコーナーが終わって、ご挨拶だけに出て来られるのですが


そのためだけに着物もヘアセットも変えて出てきて下さって❗❗お客様を楽しませたい、というプロ根性のようなものを感じました。

ほんとにちょっとの間だけだったから、もっと最後のお着物も見たかった~!😢

毎回着物とヘアセットの衣装替えを計3回、最初、ほんとに最高に楽しいショータイムを体感させて頂きました。
普段はショートカットなのに、長髪だったのにもびっくり!😮💕


あまりにも、すばらしかったから、直接お礼が言いたかったけど、コロナ禍で出待ちが出来なかったのが、残念…!。
コロナ禍での分断を、体感、「洋子さ~ん!」コールが出来ないと思って、
「洋子💗」ボードを持って行ったのは、正解だったけど❗


私の今の目標は、洋子さんと共演させて頂くこと✨
バラエティー番組等で共演させて頂く日が早く来ますように、ますます精進します。

こんなに胸がいっぱいになって、感動したのは、小学3年生の時宝塚を3列目のセンターで観て以来の、久しぶりかも…!。


ほんとうに感動をありがとうございました!。

固定ページ: 1 2 3

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。