ハートスートラ無事終演しました!夢が叶った話「この作品はショー!」

ミュージカル座ハートスートラ公演、無事一回も稽古がストップすることもなく、誰一人欠けることなく、千秋楽まで終えることが出来ました。こんなことはミュージカル座でも本当に珍しいそうです。

本当に貴重で恵まれた時間だったな、と感謝の気持ちでいっぱいです…!

今回実は、いつの間にか長年の夢が叶っていたことが、あります。

それは稽古も後半、演出の梅さんが、作品の中で、一番盛り上がるシーン「無無無」(宝塚で言う中詰めのような場面)の稽古が終わった後に、

「この作品はやっぱりショーなんだな!って、 エンターテイメントなんだな!思った!」

だからもっとみんなこのシーンは『ショー』だと思ってやっていいよ!」「他の天女のシーンもショーだと思ってやって!」と仰って、天女役の私の心に熱く燃え上がるものがありました。

「ショー!?!!?ショーだと思ってやっていいの?!!」

その瞬間私の心がパァーっと明るくなりました!「そうか!そうだったのかぁ!」実は稽古中盤、ミュージカルと言っても、セリフはほとんどなく、セリフも全部歌で綴られていて、10役もの役で14回もの着替え…(早着替え含む)私の中で掴みきれてない部分があったのです!。

しかし、「ショー」と聞けば話しは簡単!。だってショーならシーンごとに役は変わるし、早着替えもあるし!💪

私はショーのような作品に出演することが、小さい頃から夢でした。なので、志望ジャンルはずっと「ミュージカル」でしたが、ショーのような作品が好きだったので、19歳の時に習ったミュージカル歌唱法の先生から、

あなたがやりたいのは、本当にミュージカルなの?!」

とものすごく言われて、怒られて、

「はい!!!ミュージカルです!!!!!

と私も引かずに言って、喧嘩のようになったこともあった。

21歳ぐらいになっても、ショーをやるにはどうしたらいいのか、ラスベガスに行くしかないのか、大阪や長崎や石川県に行くしかないのか、調べたり、迷ったりした時期もあった。

でも今図らずも(オーディションの時は参考映像もなく、分からなかったけれど)「ショー」の ような「ミュージカル」作品に巡り会えて、なんて自分は幸せ者なんだろう!と思いました…!

「私ってショーに出たいんだよね」

と18歳の時から、特にずっと人に言っていたからこんな作品に巡り会えたのかなぁ?とも思う。

当時は「そんなものやるとこないでしょ?!需要のない所目指しててもしょうがないでしょ!!」と周りの大人に言われたけど、今回こんな素敵な「ショー」に出ることができた!。

生きている間に「ショー」に出られて、(それもリフトまでさせて頂いて)たくさんの早着替えも経験させて頂いて、本当に幸せだった…!ショーに出たい、という想いを捨てず、あきらめないで、歌とダンスを続けてきて、本当によかった…!。

とにかく言葉にして、行動に移すということが、大事なのかもしれないですね!←続く!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。